厳しい暑さも和らぎ、過ごしやすくなる秋。しかし9月~10月の紫外線量はまだ多いですし、厳しい夏を乗り越えたお肌はすっかりお疲れ気味。既に肌トラブルを感じていたりしませんか?

そんな状態で厳しい冬を迎えるのは無理があるというもの。年齢肌の秋のスキンケアのポイントを押さえて、冬が来る前にお肌を立て直しておきましょう。

年齢肌の秋のスキンケアのポイント

秋の風景

秋のお肌は、

  • 夏にたくさん浴びた紫外線のダメージが残っている
  • お肌が乾燥しやすい環境になる

といった特徴があります。

 

紫外線も乾燥も肌の老化を促進する原因になりますので、これらのケアが年齢肌にとって非常に重要になります。

1.夏の肌ダメージのアフターケア

秋は夏に紫外線をたくさん浴びたことで、シミが濃くなった、ニキビができた、化粧ノリが悪いなどお肌の不調を感じやすくなります。

加えて、秋とはいえ紫外線量はまだ強いので、紫外線対策をしながらも夏のダメージケアをする必要があります。

 

肌ダメージを受けた女性

 

紫外線を浴びたお肌はメラニン色素を作り出すことでお肌を守ろうとします。

秋になると紫外線量が減ってくるので、通常ならメラニンはターンオーバーで排出されるのですが、「お肌のうるおいが不十分」だったり「加齢でターンオーバーが遅くなる」と、メラニンの排出がうまくいかなくなります。

また、バリア機能が弱まる原因にもなりますので、秋にお肌の不調を感じやすくなるのです。

 

「お肌のうるおい不足」にも、「ターンオーバーの遅れ」にも、どちらにも必要なのはお肌の水分量をアップしてあげることです。

 

夏の肌のダメージのアフターケアとして必要なことまとめ

  1. お肌のうるおいを重視したスキンケア
  2. 日焼け止めクリームなど紫外線対策を怠らない

2.季節の変わり目に適したケア

それから、秋は湿度や気温が下がってくることで夏に比べてお肌が乾燥しやすくなります。

お肌が乾燥するとバリア機能が衰えたり、ターンオーバーの遅れに繋がり、肌トラブルや老化を早めてしまうことになりますので、しっかり保湿ケアをすることが大事です。

化粧品のイラスト

また、まだ多い紫外線もお肌を乾燥させる原因に一役買っていますので、紫外線対策も怠れません。

 

季節の変わり目のケアとして必要なことまとめ

  1. 保湿ケア
  2. 紫外線対策

年齢肌の秋の保湿、エイジングケアにおすすめの化粧品は?

年齢肌の保湿ケアとエイジングケアが同時にできる化粧品には、発酵化粧品があります。

厳密には発酵させた成分によって異なりますが、保湿ケアやエイジングケアが同時にできる物が多いです。

発酵食品イメージ。ヨーグルト

また、発酵させたことで美容成分がアップしたり、浸透力がアップしているので、

  • 歳を重ねて色々足りなくなってきたお肌にたっぷり栄養成分を与えることができる
  • ベタつかずにしっかり保湿できる

といった点が魅力的です。

発酵化粧品について詳しくはこちら

発酵化粧品とは?メリットが大きいので使わないと損?

 

▼おすすめの発酵化粧品は別記事で紹介しています▼

30代におすすめの発酵化粧品ランキング!エイジング&保湿Wケア!