乾燥肌だけど化粧水や乳液、クリームを使うと肌のベタつきが気になって嫌ということもありますよね。

使用感自体もそうですが、朝のメイクに時間がかかってしまいますし、夜は夜で顔に寝具がくっついてしまったりする鬱陶しさもあります。

そういう場合におすすめなのは発酵化粧品を使って保湿ケアすること。

肌のベタつきを抑えてしっかり保湿ケアができるのは発酵化粧品?

発酵化粧品がベタつかない理由

発酵化粧品とは、米、乳酸菌、プラセンタなどの成分を発酵させた成分を使っている化粧品のことです。

 

成分を発酵させることで、

 

  1. 美容成分がアップ
  2. 浸透率アップ

 

というメリットが生まれるのですが、これが「しっかり保湿ケアができるのに肌がベタつかない」ポイント。

 

保湿成分の代表格ともいえるヒアルロン酸は、分子量が大きいため肌から浸透しにくいというデメリットがあります。分子量が大きいため肌表面に膜を張る感じでお肌を保護するような感じになり、潤うけれどもベタつくということが起きやすいのです。

ヒアルロン酸の他にコラーゲンやエラスチンもベタつきやすい保湿成分です。

 

発酵食品イメージ。ヨーグルト

 

ですが成分を発酵させた発酵化粧品は、お肌への浸透率がアップしているので成分がしっかり角質層まで浸透し、肌表面に残りにくくなるためベタつきを感じにくいのです。

また、成分自体の力も元の成分をそのまま使う時に比べてパワーアップしていますから、お肌をうるおわせる力もアップしています。

 

水分量の多い化粧水の浸透率が良くなることはもちろんですが、驚くべきことに油分が多い美容液や乳液もベタつきを感じない発酵化粧品がほとんどです。

 

そのため、「しっかり保湿ケアをしたいけどベタつきが苦手」という方は肌馴染みの良い発酵化粧品を使うことをおすすめします。

肌がベタつかずにしっかり保湿ケアができるおすすめの発酵化粧品は?

  1. マシュファム

    猫1

    マシュファムはお米をキノコで発酵させた世界初の成分を使った発酵化粧品です。化粧水と美容液の2アイテムあります。

    化粧水のおすすめポイント

    キノコの発酵力を利用したことで「結合水」と呼ばれる分子量が小さく角質層に浸透しやすく、更に「蒸発しにくい水分」になっています。ベタつかないのにしっかりお肌がうるおう化粧水です。
    また、オールインワン化粧水のためこれ1本でスキンケアを完了させることも可能です。

    美容液のおすすめポイント

    マシュファムに使われているキノコ発酵エキスは、お肌にあるNMF(天然保湿因子)に似た成分で肌馴染みが良いです。
    また、細胞間脂質と同構造の特許成分「液晶構造セラミド」に保湿成分と油性成分を閉じ込めており、ベタつかず油浮きしないようになっています。

管理人管理人

化粧水と美容液だけで保湿ケアと年齢肌のお手入れができて、時間もかからずお財布にも優しい!しっかり潤うのにベタつかなくて、管理人のインナードライ肌も満足。