綺麗なお肌を保つためにはお肌のうるおいが大事。でも化粧水がベタベタして苦手ということありませんか?

特に乾燥肌や年齢肌向けの化粧水だと、冬はちょうどよくても夏はベタベタして辛いということもありがちですよね。

管理人も多くの化粧水を試してきたのですが、その中でも「これはベタベタしなくて乾燥肌も年齢肌も同時にケアできる!」と感じた物があります。

まだいい化粧水が見つかっていない方の参考になれば幸いです。

ベタベタしない化粧水は?

化粧水がベタベタする原因

化粧水がベタベタする原因ですが、2つ考えられます。

 

  1. 分子が大きい成分配合の化粧水を使っている
  2. お肌のうるおいが不足している

 

保湿成分には色々ありますが、中には分子が大きくてお肌に浸透しづらい成分があります。そういった成分はお肌の表面に膜を張るような形でお肌の水分を保護しようとするため、ベタつきを感じやすくなります。

保湿する力は強いけれどベタつきやすい成分には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。

分子

また、お肌のうるおいが足りていないと顔がテカるなどベタつきを感じることがあります。

こういう方は「インナードライ肌」と言われ、肌内部の水分が足りていないことが原因です。お肌にうるおいを与えてしっかり保湿してあげれば、顔の水分量と皮脂量のバランスが取れて気にならなくなります。

化粧水がベタベタする時の対策

対策としては、「肌に馴染みやすい(浸透力の高い)化粧水を使う」ことです。

 

スキンケアをする女性

 

肌に馴染みやすいものであれば、

  • しっかり肌内部(角質層)に浸透するのでベタつくことがない
  • お肌の内側からしっかりうるおう

ので、夏でもベタベタせずに使うことができます。

また、インナードライ肌の方にも向いています。

 

あわせてベタつきにくい美容液や乳液を使ってしっかり保湿しましょう。クリームは特に油分が多いのでベタベタが苦手な方には向いていません。美容液や乳液がおすすめです。

おすすめのベタベタしない化粧水

1.アミノリセ

アミノリセトライアルセット

ベタつかないポイント1.驚きの浸透力

お米を発酵・熟成させて作られたオリジナル成分「コメ発酵液FRS-01」を使用。

アミノ酸の分子の大きさがコラーゲンの約3,000分の1ととても小さいため、肌の角質層にしっかり浸透します。お肌の表面に残らないためベタつきません。

ベタつかないポイント2.水溶性分だけで作られた美容液

一般的な美容液と違い、水溶性分だけで作られた化粧水のような瑞々しさがある美容液。とても肌馴染みが良くサラッとした着け心地です。ベタつきが気になる季節でも気持ちよく使えます。

 

「コメ発酵液FRS-01」にはアルブチン、GABA、フェルラ酸も含まれており、乾燥だけでなく美白、しみ・しわ、抗酸化などのエイジングケアもばっちりです。

100%天然成分で作られた自然派・無添加コスメであるため敏感肌の方にもお使い頂けます。

詳しくは口コミ記事を見てください^^

2.マシュファムのディープモイストローション

マシュファムディープモイストローション

ベタつかないポイント1.キノコ発酵により浸透力がアップ

マシュファムの化粧水はお米をキノコで発酵させた発酵化粧品です。
発酵化粧品の特徴は「美容成分がパワーアップ」「浸透力がパワーアップ」するということ。
発酵により浸透力がアップしたことでお肌の内部(角質層)までしっかり浸透し、肌表面に残らないのでベタつきません。

ベタつかないポイント2.蒸発しにくい結合水

キノコでお米を発酵させた成分が水と結びつき、「結合水」と呼ばれる特別な水へ変化します。分子量が小さく、とても蒸発しにくい特徴を持つ水で、角質層にすばやく浸透し、蒸発を防ぎ、お肌に留まってうるおいをキープ。

 

マシュファムの化粧水は乾燥肌の中でも特にインナードライ肌のケアに強みを発揮するとのこと。

導入美容液のようにコクのある化粧水で、お肌がしっかりうるおうのにベタベタしません^^キノコ発酵の力で年齢肌にいい成分もたっぷりです。

詳しくは口コミ記事を見てください^^